【FXを始める準備編】外国為替証拠金取引(FX)の歴史について

FX

外国為替証拠金取引(FX)とは?

FXは、少額の取引証拠金を元手にして、為替変動によって生じる差額だけを決済し、損益を確定する取引です。

日本国内では1998年の日本版金融ビッグバンにより、日本の個人が外国為替市場への直接参加が可能となり、外国為替証拠金取引(FX)がスタートしました。

FXの成り立ちは?

1998(平成10)年10月8日、個人投資家向けのFX(外国為替証拠金取引)がスタートしました。 

外国為替法の改正を受けたもので、商品取引の専門会社が前身の証券会社が一番乗りを果たしました。

FXインターネット取引はいつから?

1996年に世界初のオンライン・リテール・ブローカー(小口投資家向けブローカー)が設立されました。

日本国内では、2000年5月にトレイダーズ証券(現・みんなのFX運営会社)が初めて個人投資家向けにインターネットを利用したFXサービスを開始すると、ブロードバンドの普及も手伝ってFXの市場が急速に拡大しました。


あなたが少しでもFX投資に興味を持ち、将来的に海外移住に興味を持っている場合には、この下にある【公式LINE】宛にメッセージいただければと思います。

今なら登録すると、海外移住のために有益な「プレゼント特典」がもらえます。ぜひ友達追加して情報をお受け取りください✨

友だち追加

【公式LINE ID】@313iveyv

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました