マレーシアでもTKG 『生食できる卵がある!』

マレーシア生活

マレーシアでもTKGが食べたーい!

そんな思いを叶える卵が、ありました!

日本では当たり前、でも海外では難しいことって多々ありますよね?

生卵を食べる、そんな日本には日常的なこともそのひとつ。

私の知る限り、卵を生食できる国は少ないのではないでしょうか。

でもやはり、時々食べたい、卵かけご飯!
すき焼きに必須の溶き卵!海鮮丼や焼き肉丼に黄身を乗せて・・・など

生卵を欲する場面は多々ありますよね。

どの卵を買っても、生食できる日本の品質管理は素晴らしい!と絶賛しつつ、

マレーシアにも生食できる卵がある、という情報を仕入れ入手してました。

それがこちら!

その名も『Kenkori egg』(ケンコリエッグ)です。

パッケージには思いっきり日本が書いてありますね!

「健康の卵 日本の天然アスタキサンチン」

アスタキサンチンとは?

アスタキサンチンとは、天然の色素で、鮭などの赤い色、あれですね。

エビが赤いのも、アスタキサンチンによるものです。

色がつくというだけでなく、強力な抗酸化力があるそうです。

また、通常ではなかなか栄養素が届かない、目の奥や脳にまで働くという優れもの。

疲労回復にも効果あり!いいことづくめです。

さて、お味は?

早速、やってみました!TGK

炊き立て白米(台湾産カルロース米使用)にkenkori eggを、ぱかっ!

マレーシアの卵には珍しい、濃いオレンジ色。

アスタキサンチンによるものでしょうか?

これは食欲をそそります!

お醤油を少し垂らしていただきました!

うん、コクもあっておいしいですね。日本で食べるのと変わらない、TKGでした。

↓詳しくはこちらから

どこで買えるの?

このKenkori egg、通販しているらしいです。https://www.kenkori.com/

もちろん、いくつかの店舗にも売っていて、私が確認した中では

ブキッ・ビンタン Lot10のドンドンドンキ。和牛コーナーの近くにありました(さすがですね)

私はオーガニックレストラン『BMS organic』https://www.bmsorganics.com/で購入しました。

またHPに他にも扱っているお店が載っているので調べてみてください。

お値段は1パック10個入りで12RM(約350円)ちょっとお高いですが、

安心して生卵をいただけるのは嬉しいですね。

卵を買う際、注意したいこと

マレーシアの卵全般に言えることだと思うのですが、マレーシアにもたくさんの種類の卵が売っています。高いものがいいものかというとそんなこともないようで、気をつけたいのは『鮮度』です。

買いたての卵でも割ってみると鮮度がイマイチ、というものは正直多いです。

卵は回転のいい店で、一番売れているものを買うといい(たとえ安くても)という記事を書いている人がいて、なるほど!と思いました。

もちろん、賞味期限もチェックですが、すべての卵に書いてあるわけでもないです。

kenkori eggに関しても、出荷時にはとれて3日以内らしいのですが、なにせ高級卵。店頭でそれほど売れないのかもしれません。買うときに一番新しいものを買うのはもちろんですが、回転の良さそうなお店で買うのもポイントになってきます。

実際、私が買ったものは、その場で一番新しいものを買いましたが、賞味期限まで4日ほどでした。

(本来2週間以上期限があるそうなんですが^^;;) ちょっと残念・・・

期限が切れても食べられますが、加熱して食べるようにしています。

せっかく高い卵を買って、生食したい!とおもっている方は直接通販で買うのがいいのかもしれませんね。

個別に名前入り。他の卵と間違えなくていいですね!

以上の点に注意しつつも、ぜひ、マレーシアで生卵ライフをお楽しみ下さい!


もしあなたが少しでも海外移住に興味を持っている場合には、この下にある【公式LINE】宛にメッセージいただければと思います。

友だち追加

【公式LINE ID】@313iveyv

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました