宝くじの高額当選者の7割が自己破産してしまう理由

成功法則

こんにちは、斉藤拓です。

今回この投稿では、「コレを知れば人生はメチャクチャ楽になる」というテーマについて話をしていきます。

動画で解説しましたので、まずは動画をご覧ください。

資産家になるために、まずは

「収入の1割を貯金しましょう」

と、よく言われます。

月に20万円のお給料をもらっている人なら月に2万円、財布の中に残すようにします。

そうすると、来月には4万円になり、半年後には12万円になりますよね。

そのように財布の中身は膨らんでいくでしょう。

「銀行口座に残すのではダメですか?」と疑問に思うかもしれませんが、もちろんダメではないですが、まずは財布に残すようにしましょう。

なぜかというと、財布の中身を ”肥えさせる” ところに意味があるからです。

これも一つの法則ですが、お金には「あるところに集まる」というシンプルな習性があります。

世の中には全てにおいて「波動」っていう波があって、それぞれの波が共鳴しあって物事が起きている、という話を以前の動画の中でもお話をしたことがありますね。

実は、空っぽの財布を持っているのが、一番この波動的によくありません。

財布の中にお金があまり入っていないと、そこからは貧乏な波動が出てしまうからです。

逆に、財布の中に十分なお金が入っていれば、そこからは豊かな波動が出てきます。

その豊かな波動が、同じ豊かな波動を持つものをさらに引き寄せるのです。

さらには「十分なお金を持っている」という精神的な豊かさも生まれ、心のゆとりや金銭的な安心感も持てるようになるでしょう。

ただ、ここで多くの場合、問題が発生します。

それは「持っていると使っちゃう」とか「財布に入れていると使いたくなる」という気持ちが生まれることです。

「持っていると全て使ってしまう」という人は、”忍耐” が足りない証拠です。

だからそこで「持っていても全て使わない」という忍耐を養うのです。

人の欲望には際限がありません。

「給料が上がったら貯金をしよう」と思っていても、給料が上がった分だけ欲望も上がります。

たとえば、毎月20万円の収入から2万円を貯めることができれば、給料が30万円になれば増えた分の10万円プラス2万円で、12万円を毎月貯めることが理論上はできるはずです。

でも実際は、なかなかそうなりません。

なぜかというと、収入が増えた分だけ欲望も同時に増えてしまうからです。

だから、まずは収入の1割を財布に残して、豊かな波動を身につけるとともに、「持っていても全て使い切らない」ことで “忍耐力” を養ってみましょう。

また、「財布に大金を入れておくと、落としたり、盗まれたりしないか心配だ・・」という人も中にはいます。

ここで、お金を持つための “器量” が試されます。

あなたは、こんな話を聞いたことはないでしょうか?

「宝くじの高額当選者の約7割が自己破産してしまう」

人は器量以上のお金を持つことができません。

宝くじの高額当選金や臨時収入が身につかないのも、そうした理由があるからです。

だから、まずは忍耐力を養いながら、大金を持てるだけの器量も育てていく必要があるのです。

ありがとうございました。

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました