【解説】うまい儲け話に騙されないために。大切なお金を失わないためのコツとは?

成功法則

こんにちは、斉藤拓です。

今回この投稿では、「うまい儲け話に騙されないために。大切なお金を失わないためのコツとは?」というテーマについて話をしていきます。

今回の投稿をお読みいただき実践していただくことで、「うまい儲け話に騙されないために。大切なお金を失わないためのコツ」について、理解することができます。

そして、今回の投稿を最後までお読みいただき、今回紹介する内容をあなたも実践していただくことで、激動の時代を乗り越え、さらにその先、お金と自由の両方を得て、あなたの理想とする幸せなライフスタイルを手に入れることができるようになります。

本日も、ぜひ最後までお付き合い頂ければ幸いです。

動画で解説しましたので、まずは動画をご覧ください。

収入の1割を財布に残していく

そうは言っても、財布には大きさの限度がありますね。

いずれは入りきらなくなります。

それで「財布がパンパンになって、入りきらなくなったときにどうするんでしょうか?」というと、次に必要になるのが ”知恵” なんですね。

お金を貯めるためには、”忍耐” が必要です。

ただ、今度はその貯めたお金を減らさずに、増やしていくための ”知恵” が必要になります。

お金がなければ「落とさない」「無くさない」「盗まれない」の心配はありません。

しかし、お金を持っていれば必ず、その知恵を試される場面がやってきます。

あなたに来る「うまい儲け話」の正体

まずは、うまい話に引っかかったり、騙されたりしないようにしないといけません。

大きなお金を持つようになると、必ずそのお金を狙ってくる人が現れます。

そもそも、うまい話に引っかかったり、騙されたりすること自体が知恵のない証拠なんですね。

たとえば、「高金利でなおかつ、安定して100%確実に儲かる投資先がありますよ」っていう話があなたに来たとします。

でも、その話がもし本当なら、あなたより先に大手の銀行が投資しているはずです。

ところが、実際にそうでないなら、安全で有利では無いから大手の銀行が投資していないだけです。

あなたに来る「うまい儲け話」って、実際は、話を持ちかけて来る相手にとっての「うまい儲け話」であることがほとんどです。

相手にとってうまい話だからこそ、わざわざあなたのところまでスーッと来たわけです。

「うまい儲け話」に騙されないようにするのと同時に、話を持ちかけて来る相手に必要以上にのせられないように注意しないといけないです。

「うまい儲け話」を簡単に信じてはいけない理由

また、ここで例を挙げると、たとえば、町にある一般の証券会社や投資会社は積極的に売り買いを勧めてきますね。

コレは、どうしてか分かりますか?

そうです。

売り買いをしてくれれば、そこで取引の手数料が発生するので、自分たちが儲かるからなんですね。

だから、そういった「うまい儲け話」を簡単に信じてしまって、大金を入れてしまうと必ずといって大損してしまうわけです。

「今が売り時ですよ!」とか、「絶好の買いのタイミングですよ!」という ”売り文句” や “買い文句” にいちいちのせられることなく、あなた自身でちゃんと “売り時” と “買い時” を判断できるだけの知恵を持ちましょう。

ありがとうございました。

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました