自分を守りいたわる

思考

私たちは注意を外に向けてしまいがちだ。

他の人や社会のことを気にかけるよりも、まずは自分自身の在り方に注意を向けることで、より健やかに人生を送ることができる。

自分を守りいたわることがまず大切で、他人が彼ら自身の面倒をみることについては心配しなくてよい。

他人のことを気にかける癖は、恨みや心配を生みやすいのです。

—ティク・ナット・ハン

たとえあなたの周りの人が全力を尽くしてないと感じても、それを気にかける必要は無い。

他者に気を取られ、コントロールしようとするのではなく、いま自分自身が全力を尽くすことが大切だ。

ありがとうございました。

斉藤 拓

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました