負の感情への効果的な対処のしかた

思考

ポジティブシンキングをはじめとして、負の感情を持つことは敬遠されがちだ。

もちろん、そのような感情に巻き込まれてしまうことは、好ましい事態ではない。

むしろ、心の平穏は望むところである。

しかし、こうした否定的な感情を捨ててしまう、蓋をしてしまう、見て見ぬ振りをしてしまうのは、とても危険な行為だと言える。

緊張、苦悩、怒り、うらみ、攻撃性など、否定的なものはそのまま捨ててしまうのではなく、それはいったい何なのか、どんなメッセージを伝えたがっているのか、分かろうとする方がずっと安全だと思います。

—アーノルド・ミンデル

感情は自分自身の一部であり、決して切り捨てることはできない。

その感情はどうしてわき上がってくるのか?

と、積極的に客観視することで、そうした感情に振り回されることはなくなることだろう。

ありがとうございました。

斉藤 拓

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました