多次元の成長

思考

私たちのまわりには数多くの問題解決の技法が溢れている。

確かに、それらを実践することである程度の結果を得ることができる。

しかし、それは、付け焼き刃の、もしくは限定的な部分に一時的な効果をもたらすものに過ぎない。

人類はこれまでに無数の変容の技法を開発し、それらを実践することを通して、驚異的な成長と変容を遂げてきた。

ただし、ひとつひとつの変容の技法は、人間というこの多面的な存在のある限定的な側面や次元に働きかけるものである。

—マイケル・マーフィー

現代においては、人類の叡智により、非常に見渡しの良い環境が出来あがっている。

そして、それらを統合するというアプローチが可能になっている。

つまり、限定的な成長ではなく、多元的な成長へのマップが用意されているのである。

ありがとうございました。

斉藤 拓

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました