86,400秒のプレゼント

思考

============
神の御告げ
============

ある朝のことである。

あなたはベッドから起きると、
突然天から神様の声が聞こえてきて、
次のような言葉を与えられる。

「これから毎朝、おまえの銀行口座へ
86,400円を振り込むことにする。

その振り込まれた86,400円は、
基本的には、何に使っても構わない。

おまえの自由だ。

ただし、その口座の残高は
毎日の終わりと同時にゼロになる。

つまり、86,400円の中で、おまえが
その日に使い切らなかった金額は
すべて私が没収する。」

と。

 

============
いったい、あなただったらどうするだろうか?
============

もちろん、毎日86,400円
全額を引き出すことだろう。

私たちは、一人一人が同じ
銀行を持っています。

それは「時間」です。

毎朝、あなたに
86,400秒が与えられています。

毎晩、あなたが上手く
使いきらなかった時間は
消されてしまいます。

それは、翌日に繰り越せません。

それは、貸越しできません。

毎日、あなたのために
新しい口座が開かれます。

そして毎晩、その日の残りは
消されてしまいます。

もし、あなたがその日の預金を
使いきらなければ、あなたは
それを失ったことになります。 

 

============
最大限の投資をしよう。
============

一切、過去にさかのぼる
ことはできません。

あなたは、今日与えられた
預金の中から、今を生きない
といけません。

だから、与えられた時間に
最大限の投資をしましょう。

そして、そこから健康、幸せ、
成功のために、最大のものを
引き出しましょう。

時計の針は、走り続けています。

今日という日に、あなたなりに
最大限のものを生み出し、
創造しましょう。

ーーーーーーー

「1年の価値を理解するには?」
⇒ 浪人した学生に聞いてみる
 といいでしょう。

「1ヶ月の価値を理解するには?」
⇒ 未熟児を産んだ母親に聞いてみる
 といいでしょう。

「1週間の価値を理解するには?」
⇒ 週刊誌の編集者に聞いてみる
 といいでしょう。

「1時間の価値を理解するには?」
⇒ 待ち合わせをしている恋人たちに
 聞いてみるとい いでしょう。

「1分の価値を理解するには?」
⇒ 電車をちょうど乗り過ごした人に
 聞いてみるといいでしょう。

「1秒の価値を理解するには?」
⇒ たった今、事故を避けることが
 できた人に聞いてみるといいでしょう。

「10分の1秒の価値を理解するためには?」
⇒ オリンピックで銀メダルに終わって
 しまった人に聞いてみるといいでしょう。 

 

============
あなたの持っている
“一瞬一瞬” を大切にしよう。
============

あなたは、その時間を
誰か特別な人と過ごしているのだから
十分に大切にしましょう。

その人は、あなたの時間を使うのに
十分ふさわしい人なのでしょうから。

そして、時は誰も待ってくれない
ことを改めて認識してください。

●昨日は、「もう過ぎ去って」しまいました。
●明日は、「まだわからない」のです。
●今日は、「与えられれる」ものです。

だから、英語では「今、現在」のことを

「プレゼント(= present)」

と言うのです。

ビジネスでも、プライベートでも、
“今” を大切に生きましょう。

ありがとうございました。

斉藤 拓

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました