プライバシーを守る

思考

近年様々なネットサービスが開発され、スマートフォンなども普及している。

その結果、多くの人がインターネット上でデータを公開している。

自分や家族、恋人、ペットの写真。

行動履歴や、位置情報、価値観、思想。

学歴、職歴、趣味、趣向等々。

データによると自分で自分のプライバシーを侵害している人々の割合はとてつもなく大きい。

—エリック・シュミット

プライバシー保護を企業に要求する一方で、自ら進んでネット上に情報を公開している。

過度に危険視する必要は無いが、自覚しながら新しいサービスを利用する必要がある。

ありがとうございました。

斉藤 拓

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました