工夫する

思考

斉藤です。

とにかく考えてみる。

よく頭を使って
あれこれと工夫してみる。

そして、実際に行動してみる。

一度目だと、上手くいかない
かもしれない。

何回か、失敗するかもしれない。

失敗すれば何度でもやり直せばいい。

やり直してダメなら、もう一度工夫し
もう一度やり直せばいい。

 

============
同じことを何度も繰り返さない。
============

同じことを全く何も工夫もせず、
同じままにいくら繰り返しても
無駄である。

そこには何の進歩も無い。

先例におとなしく従うのもいいけれど、
先例を破る新しい方法を
工夫してみることの方が100倍大切。

やってみれば、そこに
新しい発見があって、工夫の道もつく。

失敗を恐るよりも、日常の生活に
工夫の無いことを恐れるべきだ。

 

============
コップ一つ、ペン一本も、、
============

私たちの祖先が、一つひとつ
工夫を重ねてくれてきたおかげで
私たちの現在の便利で快適な生活が生まれた。

注意深く目を凝らさないと
見過ごしてしまうような、暮らしの断片にも
尊い工夫の痕跡が見られる。

あなたが、普段何気なく使っている
コップ一つ、ペン一本も、
これらを眺めてみれば、何という素晴らしい
工夫が見られることだろう。

まさに、「無から有」を生み出す
ほどの創造だと言える。

ーーーーーー

昨日と同じことを
今日は繰り返してはいないか?

どんな小さなことでもいい。

そのわずかな工夫の一歩づつの
積み重ねが、未来の大きな成功を
生み出していくのである。

ありがとうございました。

斉藤 拓

  

追伸:
「今日は新鮮な魚とハード系のパンを
買ってきたから、今夜は洋食にします。」

と言って、パパッと美味しい夕食を
作ってくれる妻。

いつも感謝しています。

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました