金の卵を産むガチョウが現れました。

思考

斉藤です。

今日は、ある貧しい農夫の話を
お伝えしていこうと思います。

============
むかしむかし、あるところに、、
============

貧しい農夫がガチョウを飼っていました。

ある日、農夫がいつもの通り
ガチョウの世話をしていると、
巣の中にキラキラと光輝く
黄金の卵を見つけました。

農夫は、
「誰かの悪戯に違いない」
と、初めは思って、
その卵を捨てようとしました。

が、思い直して
市場に持っていくことにしました。

すると、その卵は
本物の純金でした。

農夫は、この幸運が
信じられませんでした。

翌日も同じことが起きました。

農夫は、ますます驚きました。

農夫は、来る日も来る日も
目を覚ますと、巣に走っていき
黄金の卵を見つけました。

そのおかげで彼は
大金持ちになりました。

まるで、夢を見ているか
のようでした。

しかし、

そのうち農夫は欲が出て、
せっかちになっていきました。

一日1個しか手に入らない
ガチョウの卵。

そのことがじれったくなり、
ガチョウを殺して腹の中にある卵を
全て一度に手に入れようと企みました。

そこで、農夫は
ガチョウの腹をナイフで割いてみました。

ところが、実際には
空っぽでした。

黄金の卵は、一つも
入っていませんでした。

しかも、黄金の卵を一日1個産む
ガチョウを殺してしまったので、
二度と黄金の卵は手に入ることは
ありませんでした。

ーーーーーーー

この話は、いわゆる “イソップ物語” の
『ガチョウと黄金の卵』という寓話です。

この寓話は、一つの自然の法則、原則
を私たちに教えてくれます。

それは、望む結果を得るための能力、
いわゆる「効果性」とは何かということです。

「すぐに成果を手に入れたい」と欲望のまま
黄金の卵という「成果」だけを追い求めて
しまうと、結果的には全く何も
手元に残らなくなってしまう。

黄金の卵を産みだすガチョウという「資産」を
しっかりと毎日世話してあげることで、
資産から成果を継続的に生み出すことが
出来たわけです。

「成果」と成果を生み出す「資産」との
2つのバランスが取れて初めて、長期的に
あなたの望んでいる結果を手に入れることが
出来るのです。 

ーーーーーー

では、最後に質問です。

あなたの前に、
金の卵を産むガチョウが現れました。

あなたなら、どうしますか?

ぜひ、一度考えてみてください。

ありがとうございました。

斉藤 拓

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました