ネット上でのモラル

思考

インターネットが普及し、一般的な個人が空間を超えて繋がり合い、自由に発言できるようになった。

しかし一方で、ネットに出したものは、アーカイブされ、刺青のように残ってしまう。

インターネット上での発言のリスクは、通常の社会生活よりも高いものになるだろう。

ネットに出したものはすべて刺青だ。

永久に残る。消えない。ウェブは忘れない。

大目に見てもらえるかもしれないが、その保証はない。

—フィリップ・カプラン

私たちは長い人生の中で、様々な立場や考え方で発言をする。

ときには愚痴ったり、罵ったりと、嫌な面を出してしまうかもしれない。

しかし、ネット上での活動を実名で行う場合には、よりモラルが必要とされていると意識することが大切だ。

一貫性をもって生きる必要がある。

ありがとうございました。

斉藤 拓

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました