多重役割のススメ

思考

私たちは、置かれている状況によって、様々な「役割」を担っている。

それは社会生活や関係性を円滑にするために、獲得してきた知性である。

ペルソナそのものは必ずしも病的な構造ではなく、社会相互作用を円滑にするために着用しうる”よそゆきの顔”ないし”社会的仮面”のようなものだという点である。

—ケン・ウィルバー

誰しも、複数の表層人格(ペルソナ)、外的な役割を使い分けて生きている。

親として、子として、会社員として、公人としてと、使い分けることは悪いことではない。

むしろ、それぞれの役割を全うすることにおいて、必要不可欠である。

斉藤 拓

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました