理解への多様な道

思考

アメリカの先住民族、ネイティブアメリカンによれば、繁栄と衰退を決めるものは「理解への多様な道」だと言われる。

これは、変化に対する柔軟性を表している。

環境は刻一刻と変化していて、私たちは、その環境の中で生きている。

それは、「私たちは世界から常に変化を求められている」ということだ。

私の祖先は一万年以上にわたり、感受性から意思決定にいたるまで、人間というシステムがどのように機能するのかを学んできました。

そのなかで、彼らは<理解への多様な道>が必要なことに気づいたのです。

—ポーラ・アンダーウッド

変化することは、人間にとっては通常は苦痛である。

しかし、変化を拒むことは、私たちをゆるやかに死に導く。

変化を拒むのは、「思考」だ。

凝り固まった考えが変化を拒む。

変化することが常識だと心に留めることが大切である。

斉藤 拓

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました