凡事を徹底する

思考

こんばんは、斉藤です。

仕事やプライベートなど、何でも上手くいって
幸せそうに成功している人をみると、

「あの人は、生まれ持った才能があるから。」

というように、つい生まれ持った天性の才能を
羨ましいと思いがちです。

しかし、実際に私の周りで
上手く幸せそうに成功している人と
そうでは無い人とを分けている違いは、

「日々、どんな意識で、
行動を積み重ねてきたか」

という、違いしかないと思っています。

つまり、今現在のあなたは、
これまでのあなたが行動して積み上げてきた
日常によって、結果として作り出されている
わけです。

凡事徹底が大切とよく言われますが、
誰もが当たり前に出来るような小さなことの
日々の積み重ねが、やがて時間の経過とともに
大きな成果となって表れてくるのです。

これは、仕事やプライベートだけでなく、
スポーツの世界や学びの世界でも
どんなことにも共通して言えることです。

よく巷では、とてつもなく
大きな成果を成し遂げた人を “天才” と称して
褒め称えると同時に、

「私とは、住んでいる世界が違うし、
元々の持っている才能が違うんだ・・」

と、卑屈になってしまう人がいます。

しかし、もし、
成果を出し続けている人に向かって、

「あなたには才能が、
元々あるから良いよね。」

と言ったら、きっと彼らは
良い気分をしないことでしょう。

なぜなら、彼らだって、
オギャーと生まれて、初めから
何でもかんでもスーパーマンのように
出来ていたわけではないからです。

そして、彼らも、必ず努力して、
日々の行動の積み重ねを
継続してきたのです。

ただ、その一方で、
彼らの積み重ねてきたものは
決して特殊、特別なものではなく、

誰にでも出来ることを、
誰にも出来ないくらい
行動し続けたというだけなんです。

例えば、プロ野球選手であれば、
毎日ひたすら走り込みをしたり、
キャッチボールといった
基本的な練習を繰り返し行います。

走ったり、基本となる動作をしたり
というのは、小学生でも
出来るようなことです。

ただ、プロ選手というのは
毎日、継続して練習し続けるというのが
普通の人とは違うのです。

また、医者になった人は皆、
特別な脳みその持ち主に思えます。

確かに、そういった人も稀にはいますが、
そういった人は、1パーセント
未満しかいない、ほんの一部の人たちです。

その一方、多くの医者は、
一生懸命コツコツと毎日勉強を積み重ねて、
数パーセントという狭き門を
突破しているのです。

彼らが才能溢れる特殊な人間に
見えてしまうのは、彼らが普通の人よりも、
日々努力して勉強して医者になったという
揺るぎない確固たる自信があるためです。

だからこそ、彼らの周りには
目には見えないですが、普通とは違う
オーラのようなものがあるわけです。

ーーーーーー

スポーツの世界や、難関の国家試験などでは、
相対評価で、ライバルとの戦いとなります。

その一方で、ビジネスや仕事、人間関係など、
人生における幸せを感じられるか否かという
ことにおいては、別に他の人と比べる
必要は一切ないわけです。

たとえ、知り合いのAさんが幸せであったら、
あなたが幸せにならないという因果関係は、
理論的にはあり得ません。

「あなたの人生は、あなたのもの。」

あなたが、正しいことを誠実に、
コツコツと毎日積み重ねていけば、
いずれ結果が出ます。

やることはシンプルで構わないです。

決して、小難しいことを
行う必要はありません。

誰にも出来る、正しいことを
誠実にコツコツと続けていきましょう。

ぜひ、あなたの成功を
心から祈っています。

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

斉藤 拓

追伸:
先日、緊急事態宣言が
全国的に解除となりました。

この週末、用事があり
都心に出かけましたが、
人通りは未だまばらの状況でした。

もちろん、まだまだ
油断は出来ない状況かと思います。

ぜひ、身体にお気をつけて
行動してくださいませ。

 

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました