幸せになる覚悟

思考

どうも、斉藤です。

私の投稿の読者さんから

「成功するためにするべきことは、
解っているんです。
ただ、中々気持ちがネガティヴに
なってしまって長続きしません。」

というような相談を頂くことがあります。

そういった相談ごとに対しては、
いつも次のように答えるように
しています。

============
人間というものは、
“悩み” というものは、
実は、無くならないんですよ。
============

仏教の開祖である
釈迦は、物凄い頭の切れる人で
精神的にも達観した人であることは
よく知られていますね。

その釈迦が、自分の悩みを
無くそうと、様々な苦行に
励んでいました。

何十日間にもおよぶ
物凄い断食であったり、
人間業じゃ到底思えないような
難行、苦行を自分を追い詰めて行っていました。

それでも、釈迦の悩みは
無くならなかったそうです。

彼が、そうした難行、苦行の後に
残したのは、

「無駄である」

という言葉でした。

つまり、人間の悩みというのは
どんなに辛い難行、苦行をしようが
一切無くなる事はないと悟ったのです。

で、私がこの話から
何を言いたいのかというと、
あの仏教の開祖である釈迦でさえも
悩みが絶えなかった。

とすれば、私たち凡人にとっては、
尚更、悩みは一生涯無くなる事はないのだ
ということです。

悩みというものはあっても
全然問題無いんです。

むしろ、悩みがあっても
無いような顔で日々を過ごしてください。

ただ、次のことだけは
気をつけてください。

悩みはあっても構わないので、
言葉だけは、神に味方するような
ポジティブで誠実な言葉を使ってください。

ありがとう
感謝します
運がついてる
嬉しい
楽しい

などなど。

また、いつも
幸せそうにしていてください。

そうすると、あなたの周りの人たちから

「あぁ、あなたは幸せなんだ。
良かったね!」

と、周りの人が皆安心します。

そして、どんなに
周囲の人たちから何か嫌なこと言われたり、
ストレスがあったりしても、
あなただけは絶対に外に嫌な顔を
出さないでください。

決して、あなたは
ネガティヴな発言をしないでください。

どんな嫌なことも、自分で受け止めて、
周りに出す時は、良い言葉、良い笑顔で
しか絶対に出さない。

そういった覚悟が、問われているわけです。

その覚悟をすると、はじめて
その覚悟をした人に “奇跡” が起きます。

もしも、奇跡が起きないのだとしたら、
まだその人には、幸せになる覚悟が
足りていないのかもしれません。


奇跡を起こすには、
次のことを肝に銘じてください。

「私は、今日、この瞬間から何があっても、
絶対に幸せそうな顔、笑顔でいるんだ。
そして、幸せを生み出すポジティブな
誠実な言葉だけを話します。」

周囲の人から、

「あなた、一切苦労したことなんて
無いでしょ。」

と言われたら、あなたの勝ちです。

あなたの顔とか、発する言葉、
幸せのオーラが、苦労に負けていない
わけなので。

幸せになる “覚悟” を
今日から始めてみてください。

最後まで、お読みいただき
ありがとうございました。

感謝!

斉藤 拓

 

追伸:
今日の投稿が少しでも
あなたの役に立てば幸いです。

もし今日の投稿を読んで
あなたの中で何か気づき・学びがあれば、
下記のコメント欄に気づき・感想を
書いてしてみてください。

人は、48時間経つと
学びの90%忘れてしまいます。

インプットした後、
即アウトプットすることが大切です。

そして、今日感じたことを
すぐに行動に変えてみてください!

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました