探検と開拓

思考

探検は今まで知らなかったところへ赴くこと、開拓は探検によって見つけた土地を育てることだ。

探検は開拓に比べ、先が見えず、時間もかかり、リスクを伴うため、多くの場合、探検を避ける傾向にある。

経済には、間違いなく探検と開拓の両方が必要だ。

探検によって創造し、開拓によって創造の恩恵を現実化するのである。

企業もある程度はこの両方をもたなくてはならない。

どちらか一方に偏りすぎるのは非常に危険だ。

—ヘンリー・ミンツバーグ

開拓だけでは先細りになってしまう。

これは個人の人生にも言えることだ。

つまり、いまの自分の延長線上だけを見るのではなく、時には全く異なる場所へ、リスクを抱えて、探検に赴く必要がある。

このバランスを意識することが大切だ。

斉藤 拓

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました