助けられることは屈辱か?

思考

一人で何でもできることが自立であるなら、私たちの人生はとても困難なものになってしまう。

すべてのことを一人でやることはできない。

私たちは無数の支援によって、互いに互いを支え合っているからだ。

成長することが自立を意味する文化においては、自分に主導権があると感じたい気持ちが強く、特に男性の間で顕著だ。

—エドガー・H・シャイン

例えば、何か問題が起きて、誰かの手を借りなくてはいけないとき、「すみません」や「申し訳ありません」と謝ってしまうことはないだろうか?

助けられることが、恥辱や屈辱であるという、反応が自分自身の中にあるのなら、その考えを見直してみる必要があるのかもしれない。

斉藤 拓

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました