過去と現在と未来

思考

私たちは様々な体験を通じて学習する。

過去このような行動をしたら、このような結果が得られたというように、学んだことを実生活で活用して毎日を送っている。

過去に決められた一つのものごと、あるいはものごとの一つのやり方にとらわれると、 直感の働きがにぶり、私たちは自分を取り巻く現在の世界について多くを見逃すことになる。

—エレン・ランガー

過去の状況は、現在の状況と全くイコールではない。

似ている状況だとしても、間違いなく同じではないのである。

そのため、過去の経験に囚われ、モノゴトをパターンで処理することに慣れてしまうと、今起こっている現実のありのままの姿を見過ごしてしまうことが多くなってしまう。

斉藤 拓

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました