悲観論は思考を停止させる

思考

世の中には問題が山積みだ。

私たちの不安を煽る事象はありとあらゆるところに存在している。

悲観論をとなえるのは、賢明さを装いたい人にとってとくに便利な方法のひとつだ。

そして悲観的になる材料は山ほどある。

だが、いつも悲観論をとなえていては、考えることを放棄する結果になる。

—アルビン・トフラー

悲観論にとどまることは、問題解決を放棄し、思考を停止することと言える。

そこで、まず楽観的になることが重要だ。

そして、建設的な批判をし、可能ならば解決法を提案することが大切である。

ありがとうございました。

斉藤 拓

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました