強みを活かすということの責任

思考

誰もが他者より優れた才能や強みを持っている。

才能があるということは、長所ではない、責任なのだと。

結局、才能は授かりものなのだから、本人の手柄ではない。

—アダム・カヘン

才能は、自分ひとりで獲得したわけではない。

それらは、先天的に備わっていたり、後天的に得たものでも、コミュニティや環境に助けられて得たりしたものだ。

だから、私たちには自分の才能を活かし、それらを社会の一員として、還元していくという責任がある。

ありがとうございました。

斉藤 拓

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました