多次元を生きる

思考

一次元的な人間などどこにもいないことは、自分自身を鑑みたり、ごく身近な人を良く観察すれば、すぐにわかることと思う。

人間には2つ、3つ、4つ、 あるいはもっと多くの関心と目標があり、そのさまざまな関心の強さは常に変化している。

—ムハマド・ユヌス

さまざまな欲求や関心、目的やゴールが存在するにも関わらず、現代社会では、一通り(多くても数種類の)のことにのみ価値を見いだしていて、そこから外れるものは、価値がなく無意味なものとして見なしている。

教育にしろ、企業にしろ、政府にしろ、これからは多次元的な価値を見い出して行く必要がある。

ありがとうございました。

斉藤 拓

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました