脱成長、脱消費

思考

脱成長、脱消費、持続可能性の重要さが説かれている。

これらは、現代の経済システムに対して警鐘を唱えているが、心の側から見ても、これらの概念が重要であると言える。

私が成長に反対するのは、いくら経済が成長しても人々を幸せにしないからだ。

成長のための成長が目的化され、無駄な消費が強いられている。

そのような成長は、それが続く限り、汚染やストレスを増やすだけだ。

—セルジュ・ラトゥーシュ

私たちが幸福を感じるのは、外から与えられた要因によってではなく、自分自身の内側から生まれるものだからだ。

幸福を自己の外側に求める心は、技術により加速し、地球規模の問題を生み出している。

いま大切なことは、内面の問題に目を向け直すことではないだろうか?

ありがとうございました。

斉藤 拓

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました