人間特有の知性というもの

思考

自分の利を捨て、他者に尽くすという行為は人間特有の知性だ。

純粋で、私欲のない利他主義は、自然界には安住の地のない、そして世界の全史を通じてかつて存在したためしのないものである。

しかし私たちは、それを計画的に育成し、教育する方法を論じることさえできるのだ。

—リチャード・ドーキンズ

自分というものの概念を拡大して考え、自分以外のものの利益に幸福を感じることができるという能力を育てることが大切だ。

それはどこまでも拡大していくことができる。

他者を超え、他の生物や、生命、宇宙といったものに、自己のリアリティを感じることができる能力は、私たちに多くの恩恵を与えてくれるだろう。

ありがとうございました。

斉藤 拓

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました