思いやりの力

思考

自分ではない他者への思いやりが必要である。

この能力は学習することで身につく。

対話を行うこと、様々な体験をすること、想像力を養うこと、感動することなどを通じて、私たちは共感できる能力を身につけて行く。

他者への深い思いやりのこころを学び、習得する必要があります。

それがないまま成長した子どもは、これからの時代は生きていけません。

近くで、または遠い国で困っている人までを思いやることのできるこころこそが、学び、磨いていかなくてはならない能力です。

—ビル・ドレイトン

他者への深い理解や思いやる心があれば、現在の貧困や飢餓といった問題は多く解決できるだろう。

しかし、気をつけなければいけないのは、これは自己犠牲ではないということだ。

他者への思いやりとは、自分を犠牲にすることではない。

ありがとうございました。

斉藤 拓

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました