大量消費社会の終焉

思考

私たちは、消費社会の中に生きている。

望む望まないにしろ、企業に属し、国家に属し、
経済活動を行い、その社会の環の中に
身を置いている。

人生が次第次第に商品化し、
人とのコミュニケーションも交わりも、
商取引と見分けがつかなくなりつつある。

—ジェレミー・レフキン

欲望を常に継続して植え付けるような、
20世紀の大量消費文化は過去のもの
になるだろう。

いま何が必要か、原点に立ち戻って
考えることが大切だ。

ありがとうございました。

斉藤 拓

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました