変化はどのように訪れるか?

思考

私たちにとっての「意識の変化」は、
苦しみとセットで訪れることが多い。

人生に満足していないという意識、
人生の苦しみに気が付き始めると、
より深い真実のリアリティに気が付き始める。

何故なら、苦しみはリアリティに対する
見せ掛けの作り事を壊し、何か別の意味を
人生に強要してくるのだから。

苦しみとは、慈悲の始まりである。

—ケン・ウィルバー

変化とは、古い自己の死であり、
新しい自己の再生である。

古い自分が死ぬというのは、
アイデンティティを破壊することを意味し、
莫大なエネルギーを必要とする。

日常の中では、このような大変な思いをする
必要がなく、私たちの前に現れる困難だけが
変化を促す。

変化する必要があるときに、
変化は訪れるのだ。

ありがとうございました。

斉藤 拓

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました