偏見を捨て絆を育む

思考

大人になるにつれ、私たちは多くのものに
レッテルを貼り、偏見のまなざしで
物事に接してしまいがちだ。

子供は、簡単になかよくなります。

一度いっしょに笑えば、もう友だちです。

相手の仕事や人種を問うこともありません。

大切なのは、相手も私たちと同じく人間である
ことを知り、おたがいに絆を結ぶ
ということです。

—ダライ・ラマ14世

数々のジャッジメントの結果をアイデンティティ
とし、そこからはみ出るものや、相反するものを
嫌悪したり差別したりしてしまうこともある。

決して子供に戻る必要はない。

大切なことは、偏見を持たず相手と絆を結ぶ
ということだ。

ありがとうございました。

斉藤 拓

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました