返報性の原理の未来

思考

返報性の原理と言われる「お返し」の法則が
世の中には存在する。

過去、私たちは顔の見える小さなコミュニティで、
お互いがお互いを助け合いながら生活をしていた。

人は好意に報いるものだと思っていれば、
自分の行いがムダにならないと信じて、
相手に何かを与えることができる。

いつか相手にお返しをしなくてはいけないという
ルールが、社会に役立つさまざまな形の継続的な
つながりや取引、そして交流を生み出している。

—ロバート・チャルディーニ

現代は知らない人同士、離れた場所にいる人の
間で、コミュニケーションがなされている。

ソーシャルネットワークでは、直接的な
私-あなたの関係ではなく、私-誰かという
関係になる。

また、助け合いが間接的に行われ(間接的互報性)
「私があなたを助ければ、だれかが助けてくれる」
という形に変化してきている。

ありがとうございました。

斉藤 拓

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました