労働の意味と瞑想の重要性

思考

「労働(travail)」の語源は、
ギリシャ語からラテン語に伝わった
[tripalium] に由来すると言われている。

この言葉は、人間を串刺しにする拷問具、
三叉矛を意味しており、労働とは、
苦しみを意味するものであると言える。

労働の対局に置くことのできる唯一の言葉
唯一の価値とは「瞑想」だろう。

そこには祈りとしての瞑想から、みずからを
欲望から解き放つための瞑想まで、
さまざまなものが含まれる。

—ジャック・アタリ

現代社会は労働によって形成されており、
労働なくしてはあり得ない。

社会生活、共同生活を学ぶうえで、
労働はとても重要だ。

しかし、瞑想とは、そのような環境から
離れる行為と言える。

瞑想を行うことで、私たちは
本質的な自由を手に入れることができる。

ありがとうございました。

斉藤 拓

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました