【非常識なビジネス成功哲学】周りから応援されようとするな

成功法則

こんにちは、斉藤拓です。

今回この投稿では、「非常識なビジネス成功哲学:周りから応援されようとするな」というテーマについて話をしていきます。

在宅での副業や起業で成功するために必要な力・スキルとして、「周りから応援されること」というのが必須だと、これまでの12年以上のネット副業の経験から、僕自身は考えています。

今回の投稿をお読みいただき実践していただくことで、その「周りから応援されるには」どうすればよいのか、よく理解することができます。

そして、今回の投稿を最後までお読みいただき、今回紹介する内容をあなたも実践していただくことで、激動の時代を乗り越え、さらにその先、お金と自由の両方を得て、あなたの理想とする幸せなライフスタイルを手に入れることができるようになります。

動画で解説しましたので、まずは動画をご覧ください。

周りから応援されるには?

あのー、在宅起業や副業、ビジネスで成功するために、ものすごく重要なファクター、つまり、要素として、何があるかというと、

誰か、周りの人たちに応援されるか」というのが、メチャクチャ重要なんですよ!

僕のブログをこうして読んでくれているあなたは、これから副業を始めたいとか、ビジネスをこれから始めていこうと思われている初心者の方かと思います。

で、他人から応援してもらえるか、というのは、あなたが成功できるかできないかに、ものすごく大きく関わってくるんですね。

僕は、これまで何十人、何百人と起業家やビジネスで成功している人に出会ってきていますが、コレは間違いない事実だと確信しています。

誰からも応援されない人というのは、どんなに優れた才能やスキルがあっても、どこかでつまづきます。

もしくは、どこかで誰かから足を引っ張られます。

なので、これから起業していくあなたには、ぜひ「周りの人たちから応援される人間」「あったかい起業家」になってほしいなと思います。

どれだけの人があなたのことを助けてくれるか?

もしあなたが困っている時に、「どれだけの人が実際に助けてくれるか?」ということですね。

コレが、本当に重要です。

僕も、これまでココをできる限り意識して、「周りから応援される人間」になろう。

と、たくさん行動してきました。

なので、自分が困った時に僕の周りの人は助けてくれるだろうなという、自信はあります。

もし僕がまったく無一文になって、食べるものもままならなくなったとしても、誰かしら僕のことを知っている人が、住む場所や食べるものとかを用意してくれて、何かしら助けてくれるだろうという自信があるわけですね。

応援してくれる人がいないとビジネスは長くは続きません

応援してくれる人がいないという状態では、あなたがこれから何かしらの副業であったり、ビジネスであったりをやったとしても、運良く最初だけ上手くいくかもしれませんが、なかなか長くは続かなくなると思います。

たとえば、あなたが自分だけのオリジナルの最高の商品を生み出して、それをオンラインで販売するための仕組みをつくろうと思ったとしましょう。

その最高の仕組みをつくるのに、もしかしたら、あなたは自分だけの能力やスキルを使って、初めはできるかもしれません。

ただ、売上を伸ばしていきたい、もっとより多くのお客さんに自分の商品を買ってもらいたい。

そう思ったとしたら、途中から自分一人だけでは限界が見えてくることでしょう。

そして、もしあなたが賢明な選択をするならば、自分の商品に対する想いやその商品を多くの人に届けていきたいというビジョンなどに共感してくれる仲間を増やそうとすると思います。

より自分の最高の商品を多くのお客さんの元に届けるために、商品の質・クオリティを上げるための優秀な開発エンジニアに仲間に入ってもらおうと思うかもしれません。

また、お客さんのことを第一に考える、心のあたたかい優秀なカスタマーサービスの人と一緒に仕事をしたいと思うことでしょう。

その他にも、会社を設立してより大きな組織としてビジネスをしたいと思ったとしたら、経理であったり、マーケティングであったり、多くの人と関わる必要があります。

世界で最高のチームをつくりあげるためには、多くの人の協力が必要になるわけです。

というように、もしあなたがビジネスで成功したいのなら、誰からも応援されないという状況というのは、本当に苦しい状況になってしまいます。

誰からも疎まれ、敬遠され、あの人がビジネスをするなら、一緒に仕事したくありません。

というような状態になってしまったら、上手くいくのも絶対に上手くいきませんよね。

そうなってしまったら、当然、良い成果は出ません。

単純に結果が出なくなるというのもあるし、その状態で、自分だけでビジネスを大きくするというのは限界があるんですよね。

だからこそ、「周りのみんなに応援してもらえる」というのは、シンプルなんですが、本当にものすごく重要なんです。

周りの人たちから応援してもらえるようになるには?

それでは、どうですかね?

周りの人たちから応援してもらえるようになるには、どうしたらいいと思いますか?

コレは、実は、ものすごくシンプルで、簡単です。

誰か他の人を、応援すればいい」です!

「誰かを応援する」ものすごく、シンプルですよね。

よく、鏡の法則とか、返報性の原理とか言われたりしますが。

本当にその通りで、自分自身が「誰か他の人のことを、心の底から応援することができる人間」であるのであれば、誰かから自分のことも応援してもらえるようになるんですよ!

これは、本当に間違いない!

「利他の精神」というか、「自分・自己中心的な考え方」じゃなくて、「誰か他の人のために」とか、「関係するみんなのために」とか。

もっとスケールを大きくすると、「社会全体のために」とか。

僕の大好きな尊敬する起業家の人で、「斎藤一人さん」っていう方がいらっしゃるんですけど。

一人さんのことを知っている人も多いと思いますが、彼は銀座まるかんの創業者で、「日本一税金を納めた」高額納税者の番付で何年も連続第1位をとったことがある方ですね。

その彼の話でよく出てきて、僕自身もとても共感できる言葉で、「四方よし」という言葉があります。

近江商人の言葉で、売り手よし、買い手よし、社会全体もよしとする「三方よし」という言葉は有名ですが、

ひとりさんは、「四方ヨシ」として、さらに、そこに「神様」というのも加えています。

関係者の誰にとってもプラスで利益につながるような、誰からも愛される、そんな経営、ビジネス、商売をしなさい。ということです。

つまり、何を言いたいのかというと、自分だけのことを考えるんじゃなくて、まずは、自分から誰か他の人を応援する。

Give and take という言葉がありますが、

初めのうちは、GIVE・GIVE・GIVE

どんどん、周りの人に与えて与えて、どんどん、利他の精神をもって与えまくって!

それくらいでちょうどよいかもしれません!

信頼・信用残高

僕がよく言う言葉で、「信頼・信用残高」という言葉があります。

コレは何かというと、お金の通帳の残高と同じように、信頼や信用にも残高というものがあるんですね。

これは僕の個人的な考えになりますが、人生において、お金の通帳の残高よりも、「信頼・信用残高」の方が重要だと思っています。

なぜなら、お金の残高というのは一度減ったとしても、また稼いだり増やしたりすれば比較的簡単に元通りになります。

でも、「信頼・信用残高」の方は、一度減ってしまったとしたら、また元通りに戻すのは至難の業で、ものすごく大変です。

ですから、「信頼・信用残高」をためることを重要視することが、副業、起業、ビジネスにおいて、ものすごく重要だと考えています。

そういう意識をもって、ドンドンとあなた自身も応援されるような存在になっていただければ、嬉しく思います。

僕も、あなたのことを心の底から応援しています。

それでは、本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました