【非常識なビジネス成功哲学】起業家であれ

成功法則

こんにちは、斉藤拓です。

今回この投稿では、「非常識なビジネス成功哲学:起業家であれ」というテーマについて話をしていきます。

今回の投稿をお読みいただき実践していただくことで、激動の時代を乗り越え、さらにその先、お金と自由の両方を得て、あなたの理想とする幸せなライフスタイルを手に入れることができるようになります。

動画で解説しましたので、まずは動画をご覧ください。


コレ、めちゃくちゃ大事です


僕もこれまで、色々な人に在宅オンラインビジネスで0から1をつくる方法を教えてきました。

起業家か会社員か、この二つは、大きな違いがあります。


やっぱり結果を出す人というのは、起業家なんですね。


別に、コレは法人登記しているかとか、社長という肩書きがあるかとか、そういった話じゃありません。

そうじゃなくて、考え方・マインドがちゃんと起業家となっているか、そういった話ですね。

で、僕のブログをご覧のあなたは、これからオンラインビジネスで成果を上げていきたいわけですよね。

在宅オンラインビジネスのスキルを身につけ、お金と自由の両方を得て、あなたの理想とする幸せなライフスタイルを送る人生であったり、誰かあなたの大切な人を助ける人生であったり、もしくは、自分の成し遂げたい事業を実現するための人生。

そういった人生のイメージを思い描いていると思うんですね。

そのために、在宅でのオンラインビジネスのスキルが必要だと。

それは、会社員ですか?って言っても、違いますよね。


会社員じゃないです。


自分の知識・スキル・力でなんとかしていくものですよね。


だから、オンラインビジネスを身につけたいと思っている、あなたもカテゴリーで言えば、起業家なんですね。

「起業家」というカテゴリー


会社員でもない。公務員でもない。フリーターでもない。ニートでもない。


起業家という、カテゴリーに分類されるわけです。


コレを、しっかりと覚えておいて欲しいです。


起業家というのは、会社員とは、考え方・思考法・パラダイムが全く違います。


真逆と言っても過言ではないです。


なので、あなたも在宅オンラインビジネスでしっかりと成果を出していきたいのであれば、この起業としての価値観・パラダイムを持っていないと、絶対に良い結果は出ません。

良い結果出ないし、きっと成長できないと思います。

会社員マインドでいたら。

おそらく、どうでしょうか?

現在あなたが会社員であれば、会社員マインド、雇われマインドになっていると思うんですね。

なので、マインド部分をガラッと変えていく必要があるわけです。

起業家と会社員とはどう違うのか?【その1:指示をしてくれる人がいない】


それでは、起業家と会社員とはどれくらい違うのか。

例えば、起業家というのは、自分に指示をしてくれる人がいません


というよりも、誰も指示してくれないと言った方がいいでしょうか。


一方、会社員だったら、自分の上司がコレをこうした方がいいとか、指示がありますよね。


会社の方針とか、マニュアルとかも整備されていたりね。


毎日のルーティンというか、決まり事とかもあったりすると思うんですよ。


起業家では、そういった他人から決められたものは何もありません。


指示をしてもらえないなら、どうすれば良いかというと。


自分で自分のことを指示するしかありません。


コレが当たり前だと思えるかどうか。


めちゃくちゃ、大事です。

だから、会社員マインド、パラダイムがこびりついてしまっている人は、在宅オンラインビジネスを始めたとしても、誰かから指示がないと動けなかったりするわけです。

自分の頭脳で自分のネクストアクションを考えられなくなってしまうんです。

コレは、その人が無能とかそういう話ではありません。

起業家マインドというパラダイムを持たなきゃいけないという思考がないだけなんです。


だから、僕のブログを見てくれている、あなたが、もし在宅オンラインビジネスで成功したいのであれば、この起業家マインドをしっかりと持ってもらいたい。

雇われマインドを捨てて、誰かからの指示をされるのを待っているのではなく、自分のことを自分で指示し、セルフマネジメントをしっかりと行っていただければと思います。

ただ、急に起業家マインドを持て!と言われても、まだ自信ないしとか、実績もないしとか。

いろいろと不安なことはあるかと思います。

そんな思いが今現在あったとしても、起業家として自分のことをセルフマネジメントができないといけない。

いずれそういった人間になるんだ!ということ。

コレだけは意識しておいてください。

起業家と会社員とはどう違うのか?【その2:評価をしてくれる人がいない】


あとですね。


評価をしてくれる人がいない。


評価がない。


例えば、学校であれば、通信簿とかありましたよね。


先生がABCの3段階とか、1〜5の5段階とかで評価するシート。


会社であれば、上司とか人事とかの評価で、給与・ボーナスの査定が決まったりとか。


勤務先が異動になるとか。


というように、会社員であれば、評価があるんですよ。


要するに、評価という形で、何かしら行動や頑張りが良い意味で報われるシステムがあるんですね。


一方、起業家では、評価というシステムというものは基本的に無いです。

起業家は、誰かに雇われているわけでは無いので、基本的に誰かかから褒められたり評価されるわけではないです。

なので、誰かに頑張りを認めてもらって、評価されて給料を増えるわけではないです。


では、起業家は何で示していくか。


起業家は、何か他人の困っている悩みや問題を見つけて、それを解決したり、新たな商品やサービスを世に出して、価値を生み出していったり。

そういった行動によって、成果を生み出す。


つまり、起業家は、何か結果を生み出さないといけないわけです。


その対価として報酬を得られるということです。


なので、会社組織で、いくらおべっかつかって、ごまをすりまくって評価をもらってもらっても意味がない。

結果、成果がすべて。


誰も褒めてくれない、誰も評価してくれない。


見向きもされない。


そんな孤独な状況でも、結果や成果を出せば、すべて報われるような世界です。


僕らの業界では、「成果がいやしてくれる」という言葉もあるくらいです。

起業家と会社員とはどう違うのか?【その3:働いた時間・作業時間=収入ではない】


あとは、コレは、僕が起業した当初、感じたことですが、

働いた時間、作業時間 = 収入にはならない、ということ。


コレも、結構大きなギャップだと思います。

例えば、会社員であれば、残業代が出ないから嫌だとか、よく言われたりするじゃないですか。


自分が労働した分の何か対価があるのが当然だ。


そのような価値観が、会社員マインドの場合、あると思います。


一方、起業家の場合には、24時間、何日間も不眠不休で働こうが、価値を提供しなければ1円も報酬は入ってきません。

特に、全くのビジネス未経験で起業仕立ての頃は、いくら努力しても長い間動いても、そのようなお金が全く入らない状況が続く可能性はあります。

変な話、僕のこの投稿を読んでくださっている間、その時間、何か時給が発生していますか。


そんなことは無いですよね。


それでも、あなたが僕のブログを読むのは、起業家として成功するための将来的な自分への自己投資ですよね。

未来にお金を稼ぐために、今時間を投資しているわけです。


このシンプルな仕組み自体が、会社員と起業家で違います。


労働した分、必ずお金がもらえるわけじゃない。


それが、当たり前なんだってというところ。


特に、起業家になりたての頃は、こういう部分に不満を持たないでほしいです。


1ヶ月間、3ヶ月間、半年間。


下手したら、1年間、ものすごい頑張っているのに、全然収入が入らない。


最悪・・って思うかもしれません。

会社員マインドの人だとね。


でも、起業家マインドの人からしたら、ふ〜ん、って感じで。それは普通だよって話なんですね。


僕ら、起業家からしたら、働いた分だけお金がもらえるという「時間給」時間の対価としてお金をもらえるという発想がありません。

時間ではなく、出した結果、成果が報酬になって返ってくる。


出した結果、成果によって、報酬として報われるわけです。


起業家と会社員とはどう違うのか?【その4:報酬に天井がない】


あとさらに、起業家と会社員との違いは、「報酬に天井がない」ということもあります。


一般的な会社員だと、会社で正社員の場合には、一定の基本給というものがあります。


なので、収入の最低保障のようなものがあるわけです。


ただ、どんなに頑張っても、収入は、ナン十万円って決まっているじゃ無いですか。


役員とか、重役になると少し上がるとかあるかもしれませんけどね。


じゃあ、ちょっと考えてみてください。


会社員として、年収1億円になれますかって?


かなり、難しいですよね。


僕ら、起業家というのは、報酬・収入に上限はないです。


いくらでも、青天井です。


自分の頑張り次第で、いくらでも稼ぐことができる。


また、自在に収入をコントロールすることもできます。


逆に言えば、会社員のような最低保障という概念は無いので、収入の底、下限もありません。


収入が0になる時もあれば、時には赤字の月もありえます。


これは、面白く無いですか?


僕も、大学を卒業して、20代半ばになっても派遣社員をしていた頃、一般的な大卒の人に比べたら低賃金で働いていました。

収入に限界があったわけですね。


たとえ自分の方が、上司よりも優秀だと思ったとしても、自分だけではどうしようもない自分の力だけで越えられない壁があったわけです。

そういった時に、この起業家という道を知りました。


そして、収入が自分の頑張り次第で、どうにでもできるというところに魅力を感じて、起業家という道を選びました。

どんなに年上だろうが、学歴や役職があろうが、自分の方が結果や成果を出せば、彼らよりも自分の方が報酬が上になるわけです。

なので、もしあなたが会社員の場合で、自分の力を最大限に発揮して、収入を青天井にして成功したいのであれば、働いた労働時間の対価としてお金がもらえるという発想、考え方自体を捨てた方がいいです。

それだといつまでも、レバレッジが効かないので、お金持ち、資産家になれないです。


労働ではなく、自分が生み出した結果・成果に対して報酬が支払われるのが起業家なんだということをしっかりと覚えておいて欲しいです。

結局は、すべて「自分次第」


なので、結論を言ってしまうと、「自分次第」なんですよね。

すべてが自分次第。


もしあなたが、起業家として歩むと決めたなら、すべての責任は自分自身になります。


やるやらないも自由だし、結果・成果を生み出す出さないも自分次第。


この価値観を持ってほしいです。


この僕の投稿を、会社員をしながら見てくれているという人は、価値観・考え方がアベコベなので、すごく難しく感じるかもしれませんね。

自分の考え方を切り替えていくのがね。


でも、これだけは忘れないでください。


絶対的に、あなたが将来実現したい理想的な未来、完全に在宅でもビジネスを立ち上げ、時間的・経済的な自由を手に入れて、ストレスフリーのライフスタイルを送るためには、起業家マインドでないと無理なんです。

会社員マインドで、そのような夢を実現することは、ほぼ不可能です。


もしあなたが、「会社・組織に所属して、社長の下、ナンバー2で一生やっていきたいです」というのなら、逆に会社員じゃなければ、できないことかもしれませんが。

でも、僕のこの投稿をここまで見てくれているあなたがしたいことは、そうじゃないですよね?


自分が主体的に、したいこと、実現したい未来があるわけですから。


であれば、起業家マインドを身につけるしか方法は無いということです。


99%、大多数の一般の人たちと同じ価値観、行動をしていては、当然、その人たちと同じ結果・成果しか手に入れられません。

同じような道を歩むだけです。


あなたは、そうした社会の敷かれたガチガチにしばられたレールにのって生きるのがイヤだから、僕のこの投稿を見てくれているのだと思います。

なので、今日この瞬間から、自分の「セルフイメージ」「自己認識」「自己定義」を変えてほしいです。

これは、「自分をどう定義する」ということなんですけど。

セルフイメージで、「自分は、起業家なんだ」と思ってください。


思うだけでは足りなければ、白紙に「自分は、起業家だ!」と大きな文字で書いて、机の前の壁に貼っておいてもいいです。

で、もし自己紹介とか初めましての人にあいさつの時とかに、

「いま、お仕事何されているんですか?」

と聞かれたら、

「私は、起業家です。個人で起業して、事業をまわしています。」

と答えてください。

けっして、

「私は、普通の会社員です。」

「私は、普通の主婦です。」

「私は、ただの学生です。」

と答えるのだけはやめてください。

あなたのセルフイメージがそうなってしまいますので。

慣れてしまえば、誰でもできます


今日から、あなたには、自分が起業家なんだというセルフイメージ、定義づけをしてもらいたいです。

これまでそういったことをしたことが無かったとしたら、かなり抵抗感を感じるかもしれません。


すぐに起業家マインドに切り替えるのは、難しいかもしれないです。


でも、この価値観を変えていくのは、訓練です。


慣れてしまえば、誰でもできることです。


何度も何度も、「自分は起業家なんだ」と思ってください。


何度も何度も、鏡に向かって、「自分は起業家だ」声に出してみてください。


そうしていくうちに、段々とあなたのセルフイメージは変わっていきますから。


で、気づけば、いつの間にか「起業家マインド」が当たり前になっています。


一般的な会社員、主婦、学生、フリーターから、「起業家」に変わります。


「自分は起業家なんだ」という自己認識に変われば、あなたの行動や習慣が変わります。


行動や習慣が変われば、どんどん成功に近づいてきます。


あなたの将来実現したい未来が現実になります。


あなたの身の周りの結果や成果もどんどんと手に入ります。

今回のまとめ


最後、この投稿でお伝えしたかったことをまとめると、

あなたがこれから在宅でのオンラインビジネスでお金を稼いでいくためには「起業家マインド」を身につける必要があるということ。

「起業家マインド」を身につけるためにも、まずはセルフイメージ「自分は起業家なんだ」という自己定義づけをしてください。

今日、この投稿を読み終えた瞬間から、会社員マインド、雇われマインドを捨ててください。


今回の僕の言葉を通じて、あなたが「起業家マインド」を身につけていただければ嬉しく思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました